パッカー車のお役立ち情報

パッカー車の構造と利用方法

一般的によく街で見かける回転板式ゴミ収集車のことを、パッカー車と言います。底に取り付けられた回転板で、効率的にゴミを中に押し入れ、積み込むことができます。ここでは、パッカー車に関する豆知識や役立つ情報をご紹介します。

パッカー車の驚くべき構造

毎日街で見かけるパッカー車ですが、その構造についてはよく知られていません。外側から見えるのは、回転板と運転席だけです。実際どのくらいの量のゴミが詰まれているのでしょうか。パッカーの車にゴミを投入すると、回転板が押し上げ圧縮しながら車内に押し込められていきます。中に入れられたゴミは効率よく収められ、排出板に密着するように詰め込まれています。よく見かけるゴミ収集車の積載量は、ほとんどが2トンで、なんと45リットルゴミ袋900個分も積むことができます。パッカーの車は、この回転板を利用して、一般ゴミだけでなく不燃ごみや大型のゴミも粉砕しながら詰め込むことができるのです。このように効率的にゴミを収集することで、私たちの衛生環境を保ってくれます。

パッカー車のレンタル料金

パッカーの車が一時的に業務で必要になった場合、レンタルすることもできます。一般的なレンタカー業者では取り扱いがないため、特殊車両を専門に扱っているレンタル業者で借りることになります。パッカー車には、回転板式のほか、プレス式やロータリー式がありますので、どの種類を選べばよいのか事前に確認しておきましょう。回転板式またはプレス式が一般的によく使われている車両で、2トントラックで1日15,000円から18,00円くらいで借りられます。4トンですと、1日20,000円くらいになります。運転するためには普通免許または中型免許が必要で、積載量や乗車定員などで変わってきますので、確認が必要です。万が一の事故に備えて、レンタル会社の保険に加入しておくと安心です。

パッカー車の買取について

パッカー車の買取をお考えでしたら、トラック専門の車両買取業者がおすすめです。パッカー車は行政機関や古紙回収業者などに多く利用されるため、買取需要が高く、高値で取り引きされることもあります。全国的に展開している中古買取業者では、買い手がつかないような低年式の車両でも、全国ネットを通じて買取先を見つけてもらえます。また、日本で売れない車両でも、海外市場では価値の高いものもありますので、相談してみましょう。ネット上では、様々な買取業者を検索することができます。それぞれの業者の特性をしっかりと把握し、信頼できる買取業者に査定を依頼することをおすすめします。買取価格だけでなく、書類手続きを代行してくれるサービスもありますので、必要に応じて利用しましょう。