パッカー車の種類と役割

日常で使われているパッカー車

パッカー車とは、あまり聞かない名前の車ですが、日常生活をつつがなく送るうえでは欠かせない車でもあります。パッカー車とは、ごみの収集の際に使用される車であり、その構造は通常の車とは異なり特殊な構造をしています。

パッカー車の名称

パッカーの車とは、良く知られる名称で言えばゴミ収集車になります。このほかにも、日本では国土交通省による区分では塵芥車と称されるうえに、業界団体やメーカー、需要家などの間では塵芥収集車と呼ばれることもあります。通称として清掃車や集塵車と呼ばれることもあります。その目的は、ごみを処分施設まで運搬することにあります。パッカー車の名前の由来としては、はっきりとしたものはありませんが、俗説としては英語で「詰め込む・詰める」という意味のあるPackから来ているとされているものや日本に初めて導入されたゴミ収集車の車両のフロント部分に米国の老舗トラックメーカーである「PACCAR」というロゴが記されていたことから来ているなどがあります。

パッカー車の役割と種類

パッカー車とは、ゴミ収集車であり、その役割はおもにゴミをゴミ処分施設まで運搬することにあり、その目的に特化した構造をしています。ゴミを収集するほかにも、古紙回収業者がオフィスや町内会などから古い段ボールや新聞古紙などを回収するほか、造園業者が剪定後に出てきた小枝の運搬のために使用するなど積荷を決めて運搬することもあります。パッカー車は、ゴミ収集車の中でもとくに回転板式の車を特にいいます。このほかにもゴミ収集車には種類があり、一般ゴミのほか家具や冷蔵庫なども積み込める圧縮板式車やコンクリートミキサー車のような仕組みを持って円形のドラムを回転させながら積み込む荷箱回転式車などがあります。車種としての分類は、小型トラックと中型トラックになります。

パッカー車の仕組み

パッカーの車は、日本において最も普及している機械式のゴミ収集車です。家庭ゴミの収集には、パッカー車が用いられ、内部には回転板によるプレス機構が搭載されており、積み込まれたゴミを自動的に荷箱に押し込み、減容しながら積み込むことになります。この構造を持つことにより、ゴミの飛散を防ぐとともに、積載効率を向上することができます。生ごみなどを回収する際には悪臭を放つ場合があり、悪臭の原因となる水分を垂れ流さないように車体の下部に汚水タンクが取り付けられています。家庭ゴミの回収には、おおよその場合2トントラックが用いられており、1回に積載できるゴミの量はおよそ1から2トンです。これは45リットルのゴミ袋およそ900個分にあたります。