パッカー車はごみなどを圧縮し回収できる

圧縮方法、排出方法がさまざま!パッカー車の種類や仕組みとは?

ごみ収集車に使われるパッカーの車は、圧縮方法やごみの排出方法の種類が多く、それぞれに合った使い方をしています。パッカー車の種類や仕組みについて説明しますので、参考にしてみてください。

パッカー車とは?

パッカー車とは、主にごみ収集車などで使用されています。収集したごみを、人の力以外の機械を使用して中に押し込み圧縮することができるものです。名前の由来は、詰め込むという意味のpackから取られていると言われ、プレス式、回転板式、ロータリー式などがあり、使用用途によって分けられています。法令的には特種用途自動車であり、一般的にはごみ収集車、専門的にはパッカー車、他にも塵芥車、清掃車集塵車などと呼び名が多いことも特徴です。多くのパッカー車は2トン車で、1回に約1.5トンほどのごみを回収することができます。それは、45リットルのごみ袋900個分であり、パッカー車の圧縮能力の良さで回収率を高まるのです。

パッカー車の種類とは?

パッカー車は、回収機構で3種類に分かれ、それぞれに適した用途で使用されます。一般的なのは圧縮していくプレス式です。プレートを使用し、タンクのごみを2段階で圧縮していくのでプレス効果が高く、一般ごみや家具などを破砕する力を持っています。回転板式では、2枚のプレートを使用し圧縮とかき込みを行い、回転板でごみを押し込んでいくのでプレス式に比べると圧縮力が弱いことが特徴です。ロータリー式は、ドラムを回転させながらごみを積んでいくもので、積載能力が劣ることから使用頻度が減ってきています。それぞれには得意分野があり、プレス式は大型の家具などにも使え、回転板式は家庭ごみや造園業者の剪定後に出る葉や小枝などに適しているようです。

パッカー車の仕組みやごみの排出方法とは?

パッカー車の仕組みでは、後ろのドアにあるスイッチを押すことで機械を作動しごみを圧縮しながら入れていくことができます。汚水タンクなどもあり、ごみからでた汚い水が外に流れることもほぼありません。予備のタイヤ、消火器なども備えているので安心です。ゴミを圧縮などして詰め込んだ後に排出をしますが、それにはダンプ式、押出式、荷箱回転式の3種類があります。プレス式では、板でごみを押し出す注射器のような方法です。ダンプ式では、荷台を傾斜させ一気に中のものを排出していきます。荷箱回転式は、ダンプ式のように傾けた状態で中のドラムを逆回転させることでごみを出していく方法です。パッカーの車はプレスする部分とタンクが別になっているので、プレスする方法、排出する方法でさまざまな組み合わせをすることもできます。